自然派におすすめの重曹シャンプーで育毛・薄毛予防

お掃除や料理、お菓子作りに使う印象の強い重曹ですが、実はシャンプーとして利用することもできます。

重曹には油を乳化する作用があり、キッチンの脂汚れも簡単に落としてくれる洗浄力があります。つまり重曹シャンプーをおこなえば、頭皮の毛穴に詰まった皮脂も浮かせて洗い落としてくれるのです。しかも、重曹には市販の育毛シャンプーのように強力な洗浄力のある成分が入っていないので、頭皮や髪に余計な刺激を与えません。だから今、重曹シャンプーは、薄毛が気になる自然派の人に注目されているのです。あまりお金がかからず、簡単に育毛・薄毛予防が行うことができるのもメリットです。
重曹シャンプーの作り方は簡単です。大さじ1杯の重曹を洗面器に入れ、40度前後のお湯でよく溶かします 。ざらざらの重曹がなくなるまで、しっかりと溶かしてください。これで重曹シャンプーのできあがりです。簡単ですね。これを頭に少しずつかけ、頭皮を優しくマッサージします。洗面器に頭をつっこむ方もいるそうです。
重曹シャンプーだけだと洗い上がりが軋むので、弱アルカリの重曹シャンプーの後に弱酸性のクエン酸でリンスすると、髪の毛を落ち着かせることができます。 クエン酸を小さじ1杯弱を適量のお湯で溶き、髪全体に行き渡らせ、最後はよく流しましょう。
最後に重曹は、料理用のものを使う方が無難です。ただし重曹シャンプーは、個人の肌により合う合わないがありますので、自分の地肌と相談しながら進めるとよいです。